【資産運用:WealthNavi】そもそも資産運用とは?WealthNaviって?(1)【解説】

WealthNavi
ひるず

ひるず(@hiruz_SplaGO)です!
今回は下記のことについて調べてみました!

資産運用とは? WealthNaviって何?

という疑問に解説していこうと思います。

資産運用とは?

資産運用とは、

あなたが持っている資産(現金・不動産・株など)を

業者に預託して運用(銀行に預けて貰える利子を受け取る・株式を買い価格が高騰した時に売るなど)することです。

(…うん?よく分からないぞ…?)

そうですよね、この説明だけだと足りないので更に詳しくします。

資産について

分かりやすく「資産」というのは、

  • ほぼ誰しもが見たことはある日本の「紙幣,硬貨」
  • テレビ等で見る米国の「ドル」
  • どの都市にもある「建物や家」
  • 会社が保有している「株式」 等…

の事を指します。

資産(しさん、: asset)とは、会計学用語であり[1]財務会計および簿記における勘定科目の区分の一つ。会社に帰属し、貨幣を尺度とする評価が可能で、かつ将来的に会社に収益をもたらすことが期待される経済的価値のことをいう。資産の額の総合計を総資産(そうしさん、total assets)と呼ぶこともある。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/資産

「金融資産」や「資産活用」という言葉に含まれる通り、いわゆるお金に関する言葉ですね。

しかし、「資産」=「お金」…ということは分かってもそのお金をどうするのよ?

次に運用について説明します。

運用について

運用というのは、

  • 銀行に預金→おおよそ0.001%の利子が発生(普通預金)
  • 銀行に定期に預金→おおよそ0.01%の利子が発生(定期預金)
  • 株式を購入・売却する→大きな利益を目指す(株式投資)
  • 少額の証拠金を特定の業者に預ける→さらに大きな利益を目指す(FX,CFD)

の事を指します。

一般に「銀行預金」・「定期預金」が有名でよく使われている方もいると思います。

銀行預金

定番の預金方法ですね。サラリーマンの私もちょくちょく利用しています。クレジットカードの引き落としとか。

しかし、時代の変遷とともに金利が徐々に低下していって2019年現在にはほぼどこの銀行でも0.001%に…!このような金利では資産は増やすことが難しいですね。

以下は全国に幅広くあるゆうちょ銀行の普通預金の金利の推移です。

普通預金(年)金利その年の出来事
1915年4.8%統計開始
1930年3.0%世界恐慌
1945年2.6%第3次世界大戦 終戦
学童疎開
1950年3.0%朝鮮特需
1974年4.32%オイルショック発せ直前,円高
1986年~90年1.8%→3.5%バブル経済の始まり
1991年~95年3.5%→0.3%バブル経済の崩壊
2000年0.1%日本でのゼロ金利政策
2018年0.001%

引用元:100年以上にわたる郵便貯金の金利推移をさぐる

いやー昔の日本は金利が高かったんですね。4.8%って。破格の金利ですよ。

仮に100,000円を預けたら1年後には104,800円、5年後には124,000円に!

(銀行が倒産することを除いて)リスクをほぼ取らずに、リターンが大幅にあった時代もあったようです。ただ預けて置いておくだけですもんね。

しかし、2019年現在は0.001%まで落ち込んでいますね…

定期預金

こちらも定番の預金方法です。こっちの方が貯金しやすいですね。

下記がゆうちょ銀行の定期預金の金利の推移です。

普通預金(年)金利その年の出来事
1961年5.0%高度経済成長期
1974年7.5%オイルショック発生直前
1980年7.0%上下を繰り返す
1990年6.08%バブル崩壊直前
1994年3.2%阪神・淡路大震災
2006年~08年0.1%~0.5%リーマンショック
2018年0.01%

引用元:100年以上にわたる郵便貯金の金利推移をさぐる

1974年に7.5%って…こちらも破格の金利ですね。

100,000円を預ければ1年後に107,500円、5年後に137,500円に!昔が羨ましい…

しかし、こちらだと2,3年間資金を移動することができないのがネックです。お金をよく使う方だと流動資産が多いのでこの方法は難しいですね。

株式投資

「株」…と聞くとハードルが高く感じたり、ややこしいイメージを持たれるかもしれません。てすが、

  • メリット1:配当金を狙える
  • メリット2:株式優待のある会社は株式優待が受けられる
  • メリット3:ある一定の株式を購入すると、議決権,会社解散時の財産の分配権利

  • デメリット1:株価が下落して、安い株価で売却すると損失が出る
  • デメリット2:元本保証ではない
  • デメリット3:あまり有名でない会社(中小企業等…)だと取引量が少なくてタイミング良く売買出来ない

一長一短の所がありますね。リスクをとって資産を増やす方法では一般的なやり方です。

FX,CFD

正式には外国為替証拠金取引(Foreign eXchange)、差金決済取引(Contract For Difference)と言われます。証拠金を預けてレバレッジ(倍率)を設定し取引を行うので、大変リスクの高い方法です。

株式投資と違い、24時間好きなタイミングで取引できますが、リスク・リターンがどちらもほぼ高く初心者向けではないようです。

資産運用のまとめ

とりあえず、資産運用に関しては簡潔にこのような感じです。

  • 初心者には→普通預金,定期預金
  • 上級者には→株式投資,FX

が向いているかなと。

ちなみに、私はまだ20代のため全然資産運用に関しては知らないことが多いので、完全に初心者になりますね。

ですが、そんな私でも効率よく資産運用が出来るサービスがありました! WealthNaviです。

次回、WealthNaviについて解説します。

では!

Sponsored link

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました